FAKE

結構話題になってる映画「FAKE」
昨日
大阪・十三で上映されている映画館へ観に行って来ました

映画「FAKE」



FAKE1.jpg 




この映画は2014年に起こった
ゴーストライター騒動で話題になった佐村河内守さんを
を追いかけたドキュメンタリー映画です


FAKE2.jpg 





映画の個人的な感想を言うと
モヤっとした感情が残る映画でした


それは
不満とかではなく、そういうもんやなっていう感じです




説明しにくいですが
考えれば考えるほどややこしくもなります

最後の12分間は口外しないでくださいと仰ってましたが
ここも説明しにくいです



まあ
佐村河内さんを擁護するとか、誰が嘘をついてるのかとか
騒動の真実はここにあるという映画ではありません



FAKE3.jpg



FAKEとは
偽造する・みせかける・いんちき・虚報という意味ですが


佐村河内さんがやってしまったFAKEを中心に
様々な人間(&ネコ)模様が描写されている様に思いました





FAKEと知りながら利得を求めて関わった人々


FAKEと知り、それを白日の下に曝した人々



そこから更にFAKEと知り
誹謗中傷したり付き合いを辞めた人々




そして面白おかしく揶揄する人々



FAKEと知っても
ただそばに居たいから離婚しなかった香夫人



そんなのすれ関係なくただそばに居る飼い猫





FAKEが良いとか悪いとかではなく
そこに
FAKEがあろうと無かろうと
人はそれぞれの考え方によって
それぞれの都合で行動している訳です




物事って善か悪の二元論では一概に語れない事があります





何て言いますか
そこに真実があるか否かって考えてもしゃあないし


そもそも真実だって言ってる事自体が
FAKEだったりするかも知れないし


考えるだけ野暮な気もしました



ある意味
FAKEもまた真実なりかも知れません




映画を観て
様々な角度で物事を観るのって大事やなってつくづく思った訳です



結局
自分はどう生きるか



映画の中で言うと飼い猫のポジションが好きかも
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
天命に身を委ね
ただあるがまま自分らしく
「嬉しく・楽しく・幸せ」で
風流な日々を過ごそうと心掛けております。

「東洋医学系治療家」
    をさせて頂きながら

趣味として

「音楽鑑賞」
「特撮番組鑑賞」
「スポーツ観戦
   (野球・格闘技)」
「ドライブ」
「鉄道(乗り鉄)」
「写真撮影(風景)」
「芸能チェック
  (アイドル・お笑い)」
「散策・探訪」

などをたしなみながら

日常で起こった出来事や
ふと思った事などを
日記に書いて行きます

日頃関わっている皆様との交流を深めるのが主な目的なので
内輪ネタや仮名を多用します事を御了承願います

カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
検索フォーム
最新コメント