近況・2018年7月

先ずは

最近起こった自然災害により
被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます

と共に
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心より お祈り申し上げます




気が付けば7月も下旬になってしまい

ブログの更新も大幅に滞ってしまいました・・・





急に暑くなったので
最近は暑さ対策に取り組んで


いかに快適に過ごすかを日々模索しております



DSC00401-2.jpg 



暑さのせいか
周囲でイラついてる人もいるので


巻き込まれない様に心掛けていたりもしています




そんなこんな過ごしてる内に
少しゆとりも出て来たので、ブログを再開しようかと思っている今日この頃


皆様も御自愛願います


DSC00420.jpg
スポンサーサイト

人生は川の如し

友人の順子さんからお誘いがあって

順子さん推しの
ドキュメンタリー映画「いのちの仕舞い」を観に行く事に




28166402_1844606392324573_6040791071167863051_n.jpg 




が・・・



当日になり
チケットが完売されたという怪情報をキャッチ




順子さん人脈を甘く観てしまったと思い問い合わせると
単なるガセネタだった事が発覚



気を取り直してイオンに向かうものの

先に済ませる用事があったので、何とかギリギリ到着


DSC00323-2.jpg 



中に入ると
ガセネタだった割に結構な入りです



映画は
高知県四万十市で、かかりつけ医療の診療所を拠点に
在宅医療に取り組まれている小笠原先生の活動を映画にした
作品です





通常
健康な状態にするというのが医療の様に思われますが



小笠原先生は
患者さんや、その家族に寄り添い支える感じで
医療に取り組まれてる様に思えました。




長年の臨床経験を通じ
様々な葛藤を経て行きついた境地なのかも知れません




時々出てくる地元を流れる四万十川の風景

まるで
人生と重ね合わせるかの如く描写されている様にも思えます


31670802_1927929450658933_39078309698469888_n.jpg 



タイトルにもなってる「いい仕舞い」とは

四万十で
その日まで食事ができて、痛くなくて、みんなと話しが出来て、
なじみの人の中で最期を迎えられる事を言うそうです




映画のシーンで
最初は色々話してた患者さんが次第に弱り始め

家族に見守られながら、やがて命を終えます



僕の父親もそうだったので重ね合わせて観ながら



ウチは
在宅医療ではなかったものの「いい仕舞い」やったと
改めて思えました。





終了後
順子さんと、紀の川市で在宅医療に取り組まれている坂口先生が
丁々発止?のやり取りでトークショー開始


DSC00314-2.jpg 

DSC00322-2.jpg 



映画の内容について深イイコメントをしてくださり
温かい雰囲気に包まれる事に



帰り際
順子さんの長男氏と久々に遭遇



僕よりもずっと若い頃に父親との別れを経験し

残された家族や親族と共に過ごしながら

現在は新たな家族も出来た彼の生き様を




上手く言いにくいのですが
改めて感服するのでありました

関空夜行

香港が好きで
何度も旅行するがおりまして



今回も仕事の休暇が長く取れたので香港旅行を満喫


P1050555-2.jpg


P1050547-2.jpg 

P1050549-2.jpg 



先週末
帰国する事になっていました




そんな帰国予定日



近くの実家に姉と住む母親から
何時ごろ帰国するのか聞いてないかという電話があり




大まかにから予定を聴いてたので
その時刻を答えると




関西国際空港(以下関空)からリムジンで和歌山駅に帰って来るので

駅まで迎えに行ってあげて欲しいというミッション発動




ところが
到着予定時刻になっても連絡が来ず




気になってネットで調べると3時間遅れになる事が発覚





そうなると
和歌山行きのリムジンの最終便に間に合わず



①翌朝一番のリムジンに乗るまで関空ロビーで一夜を過ごす
②タクシーで帰る
③私が車で迎えに行く



という三択問題に発展




まずというのは
膨大な費用が掛かるので、翌朝仕事とかない限りほぼ選ばないハズ



という可能性もあり二択状態である事を想定し

母親にその旨を伝えると
猛プッシュでを推して来ました




その後
無事帰国出来たと連絡ができたので
本人にどうするか伺うと


遠回しに③を推して来たので


③私が車で迎えに行くに決定




で、
母親も一緒に行くと言うので関空に出発




DSC00307-2.jpg 




一見
娘を心配する母親に思えますが



テンションの上がりっぷりを観てると


関空に行きたいだけやん





って突っ込みたくなりました





この母娘
何度か旅行してますが


こういうケースは意外と初







添乗員で世界を駆け巡ってる知人が

飛行機の到着が遅れてリムジンが無かったら
家族に(和歌山から)車で迎えに来てもらう



以前から聞いていたので、この辺は想定内ですが・・・






夜も遅かったので道が空いてて、40分くらいで到着


DSC00311-2.jpg 



写真撮りそびれましたが、連絡橋から観る空港の夜景が素敵でした




車を停めると
母親前期高齢者とは思えない猛ダッシュで
ゲートに向かい、僕はしばらく車で待機


DSC00310-2.jpg 


DSC00312-2.jpg


母親も旅行する時に関空を利用してるので
この辺はノープロブレム





いつもと違う関空の風景にテンションアゲアゲ状態[emoji:v-42]






僕自身
興味のある事になると身体がキビキビ動くのは
この人の血筋やなって再認識





しばらくするとから電話が入り
車を500mくらい前進させ身柄を確保





色々聞いてると
飛行機ってのは想定外の出来事が多いみたいで




電車も色々ありますが、半端ない感じです

イイタイダケヤン




関空に行く機会がなかったので
これはこれで良かったなって思いながら
空港を後にするのでありました





プロフィール

ゆうじ

Author:ゆうじ
天命に身を委ね
ただあるがまま自分らしく
「嬉しく・楽しく・幸せ」で
風流な日々を過ごそうと心掛けております。

「東洋医学系治療家」
    をさせて頂きながら

趣味として

「音楽鑑賞」
「特撮番組鑑賞」
「スポーツ観戦
   (野球・格闘技)」
「ドライブ」
「鉄道(乗り鉄)」
「写真撮影(風景)」
「芸能チェック
  (アイドル・お笑い)」
「散策・探訪」

などをたしなみながら

日常で起こった出来事や
ふと思った事などを
日記に書いて行きます

日頃関わっている皆様との交流を深めるのが主な目的なので
内輪ネタや仮名を多用します事を御了承願います

カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
検索フォーム
最新コメント